生活に苦しまないためのキャッシング利用

生活費に困っているときは、できるだけお金を使わないように我慢をする。ということはよく言われますが、それでも我慢には限界というものがあります。

 

電気代やガス代などが払えないというのであれば、それは我慢しない方がいいでしょう。それらを我慢するよりは、キャッシングを利用して、その後きちんと返済ができるように努めることが大切です。

 

生活費などは国からも借りることができる

キャッシングの利用と聞いて、すぐに思い浮かべるのは消費者金融や銀行カードローンなどでしょう。しかし、電気代などが払えない、というような生活費ですらままならないほどお金が足りないというのであれば、国からもお金を借りることが可能なのです。

 

これは生活福祉金といい、申し込みを済ませてから3週間ほどはかかりますが、本当に窮乏しているのであれば、誰でも利用することが可能です。これはれっきとした借金です。ですので、きちんと返済をする必要はありますが、金利はかなり安くなっていますので、お金が足りなくなっている原因を突き止めたり、きちんと働きはじめるなどすれば、十分に返済することもできますので、気軽に利用してみるといいでしょう。

もしも、借金が原因で窮乏しているのならば

貧乏の原因は借金だ、という方も非常にたくさんおられるでしょう。毎日節約をして生活をしていながらも、なかなか借金を返済することができない、日々の生活はどんどん悪化するばかり、と言う方の場合でしたら、これ以上の我慢をするのを止めて、債務整理を行うことをオススメします。

 

このような場合の時に返済のためにさらにお金を借りようとする方もいらっしゃいますが、その場合は借りられたとしても雀の涙程度のお金しか借入することはできませんし、結果的には何一つとして解決していないことになります。

 

債務整理を行うことは、無責任なことではありません。それ相応のデメリットは受ける訳ですから、国として利用しても構わないとなっている以上、債務整理を行わないのはもったいないことですので、ぜひとも債務整理をすることをオススメします。

 

どうしても返済をしておきたいのなら個人再生をする

借金の金額があまりにも大きければ、それは自己破産をすべきだと考えるべきです。しかし、自分が借りてしまった以上、借金の全額を支払わないのは、あまりにも無責任で、そのようなことはできない、という方もいらっしゃるでしょう。そのような方にオススメの債務整理の方法は、個人再生というものです。

 

個人再生は借金の金額を10分の1から5分の1まで減らすことができ、それを2年から3年くらいの期間中に返済することで、これまでの借金はなくなる、というものです。これならば、少なくともある程度の金額は返済することが可能ですし、自分自身の負担を軽減することもできます。

 

ただし、ブラックリストに載ってしまいますので、当分はキャッシングの利用ができません。もっとも、ブラックリスト入りしている期間は、これから借金をしないでも大丈夫な生活を取り戻すための期間です。ですので、今後は借金をすることはないように生活を改めることができれば、これはデメリットとして全く機能しませんので、必ず生活を改めることをオススメします。

 

借金をしないような生活を作ること

生活費が窮乏してしまうような人に、収入が異常に少ない人というのはそこまでいません。むしろ、生活費のためにキャッシングを利用する人は、一般的には十分な収入を持っている方が多いのです。

 

そうなってしまうのも、家計簿などをきちんと作っていなかったり、お金の使い方が荒く、必要最低限以上の支出を毎月毎月行っている方の割合が高くなっているのです。ですので、そのような生活を送っていて、生活費が足りずにお金を借りることになる、というのは明らかに無駄な借金を背負っていると言えるのです。

 

そもそも、キャッシングを利用できている時点で収入は十分にあるのです。審査の際には収入やその他のことを総合的に見て通すか通さないかということを判断してはいますが、収入と言う要素は非常に重要なものなのです。収入が低ければそもそもキャッシング審査に通ることは無く、そのような方が利用するために、生活福祉金という制度があるのです。

 

家計簿を付けての節約を試みる

私は節約をきちんと行っているのに、どうしてもお金が足りなくなる、という方もいらっしゃるでしょう。そのような方の場合は、節約をする際に家計簿を取っていない方が多いのです。気持ち的には節約をしていると思っていても、実際の数値としては節約ができてない、というのは良くある話なのです。

 

実際に家計簿を取りながら節約生活を送ってみるだけでも、自分がどれだけの無駄なお金を使ってきたのかが理解できますし、その上、節約もかなり楽に行うことができるのです。注意点があるとすれば、節約に成功したから自分自身にご褒美を買ってしまう、というようなことをしないことでしょう。これは明らかに、節約をした意味を無くす行為です。

 

収入を増やす努力をする

また、そもそもの収入が低い場合は、自分自身のスキルを磨いたり、新たなスキルを身に着ける、ということも手段の一つです。そうすることによって現在の会社から転職し、別の分野で仕事をしてみるということも、収入を増やすには有効な手段です。

 

収入を増やせば、お金不足からは脱出できるはずですので、今やっている仕事での収入がこれ以上見込めないのであれば、スキルを身に着けて別の仕事を始めてみるのもいいかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日