月に二万円以上の光熱費をキャッシングで払うだけで生活は変わる

キャッシングやカードローンといった借入サービスの利用に対してネガティブな感情を持っている人は多いことでしょう。実際に使い過ぎで借金苦に陥る人も少なくはありませんから、通常は借金をなるべく避ける生活を送るに越したことはありません。

 

しかし、そもそも生活の水準が低いにも関わらずキャッシングやカードローンへの偏見からそこから抜け出す方法を知らずにいるのはマイナスでしょう。特に健康を害するほど生活の質が落ちているのであれば、借金を恐れて何もしないのは本末転倒と言えます。

 

医療費や光熱費を削って生活している人は要注意です。歯医者などに通うことを金銭上の理由から諦めて悪化させてしまってはその後の人生の楽しみを大きく失うことにもなりかねません。光熱費についてはもっと深刻で、猛暑の夏にエアコン代を惜しんだせいで熱中症で亡くなるといったケースは実際に多く存在します。

 

また冬の寒さが厳しい環境であれば光熱費だけで月に二万円や三万円、なかには月の稼ぎの大半が光熱費で吹っ飛んでしまい人間らしい生活がまったく送れないといった人も決して珍しくはありません。そのような苦しい状況であるのなら、キャッシングやカードローンを上手く使いこなすことで生活の質を向上させるのは間違いではありません。

 

たとえキャッシングに頼ってでもライフラインは確保

光熱費や水道代といった最低限の生活を維持するために必要なお金は、基本的に惜しんではいけません。もちろん使い過ぎによる無駄はできるだけ省くのが理想ですが、お金がないから水や電気を我慢するというのは現代人としての当然の権利を剥奪されているわけですから、それはもう倹約とは言えないでしょう。

 

しかし光熱費などを借入で補う場合、誰もが心配になるのは利子の問題でしょう。特にキャッシングやカードローンには暴利を吹っかけられた挙句、すぐに借金取りに追い回されることになるといった固定概念が根強くあります。

 

ですがそのような悪徳業者、ヤミ金融は一部でありテレビでCMを流しているような大手の消費者金融や銀行であれば金利も取り立てもあくまで常識的な範囲です。当たり前ですが、借入というのは社会に必要があるから認められているサービスなのであり、ほとんどの利用者は自分に返せるだけのお金を借りてきちんと返しています。正しく使いこなすことを意識して、正しい知識を学んでおけば非常に便利なものなのです。

 

たとえば月に二万円の光熱費をカードローンで借りた場合、大雑把に言うと支払う利子は300円ほどになります。もちろん、借りた二万円もいずれ返さなければならないので毎月同じように自転車操業で借り続けると余計な出費が増えていくことに変わりはないのですが、たとえば月末に持ち合わせがなく電気ガス水道が止められてしまいそうだという場合には一旦借りてしまっても短い期間であればそれほど気にする必要はないということです。

 

ライフラインの維持は心の平穏

電気ガス水道といった生活に必須のライフラインを一部でも止めてしまうと、想像している以上に肉体にも精神にも負荷がかかります。たとえ屋根のある部屋に暮らしていたとしても、生活水準としてはホームレスと大差なくなると言っても過言ではありません。体を休めることができないだけでなく、部屋にいるほどにむしろストレスが溜まっていくので生活環境としては最悪でしょう。

 

アルバイトを増やすなど収入のアテがあるのであれば、借金せずに過酷な環境に耐え忍びながら働くのではなくキャッシングやカードローンを利用して生活の質を保ちながら計画的に返済を進めていく方がよほど賢い選択と言えます。

 

繰り返しますが、借金を避けるべきなのは安定した生活を失い身を滅ぼす可能性があるからです。すでに生活が崩壊しかかっているのであれば今更借金を恐れることには意味がありません。改めて自分にとって何が大事なのかを落ち着いて考え、冷静にキャッシングを使いこなす心の余裕を持ちましょう。

 

キャッシング審査はそれほど厳しいものではない

フリーターや自営業者などの場合、そもそもキャッシングやカードローンの審査に通るはずがないと最初から諦めてしまっている人もいるかも知れません。しかしこれも審査の基準を学んでおけば簡単にクリアできる問題です。

 

確かにフリーターや自営業者などは会社員と比べると審査に通りにくいのですが、毎月の収入が一定以上にあるのならば正しく申し込みさえすれば審査を通過することは難しくはありません。

 

年収の三分の一までという借入のルールを覚えておく

貸金業法による規制によって、基本的に借入可能な最大金額は年収の三分の一までとされています。複数の会社から同時に借入を行った場合やキャッシングとカードローンによる違いなど細かくは色々とあるのですが、とりあえず年収が150万円であれば50万円が最大額といったように覚えておきましょう。

 

そのうえで、初回の借入であればその最大額より低い金額を申し込むことが重要です。いきなり限界まで借りようとすると審査は厳しくなりますが、たとえば最大50万円まで借入可能な人が限度額10万円で申し込みをすれば返済能力に余裕があるので審査にはまず問題なく通ります。また毎月の返済を確実に続ければ限度額は後から引き上げることもできます。

 

更に少額の借入なら無利息になることも

新生銀行のカードローン、レイクには五万円以下の借入ならば180日間無利息になるサービスがあります。フリーターであっても半年の猶予があれば全額返済は難しくないので、これならばほとんどリスクなく借入を行うことができます。

 

また万が一、無利息期間を過ぎてしまっても利息はその段階から開始されるので心配はありません。

 

返済負担!無利息期間サービスのあるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

アコムとプロミスには30日の無利息期間

アコムとプロミスには30日間無利息というルールがあり、借りた翌月に完済できるならばこれもノーリスクで借入が可能となります。

 

他にもキャッシングには様々なサービスがありますので、よく勉強してよりよい生活を目指しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日