初めてでも10万円以内なら借りられる可能性が高いです

初めてのキャッシングの利用時は、10万円以内の希望であれば借り入れを行える可能性が高いといえます。それは初めて利用する人は、消費者金融や銀行から見てキャッシングの利用に対しての信用がないからです。そのため10万円以上を希望しても、審査を通らないことがあります。

 

キャッシングの世界では、利用経験がある人の方が信用される傾向があります。またもし高額を希望して審査に落ちてしまうと、その審査に落ちたという記録が信用機関に残ってしまうため、後々のキャッシングの利用時に不利になってしまうことがあります。それを防ぐためにも、初めての利用では10万円までの希望にしておいた方がいいといえるでしょう。

 

10万円までなら審査に通る可能性が高いです

初めて利用する人でも10万円以内の希望であれば、審査に通る可能性が高いです。キャッシングの利用には定期的な収入があることが条件ですが、アルバイトやパートでもきちんとした収入があれば問題ありません。

 

この10万円はという金額は、消費者金融や銀行での最低限度額になります。この審査に通らないような状態の人はキャッシングの利用は難しいです。初めての借り入れということは、過去に返済でトラブルを起こしたことや現在他社からの借り入れはない状態なので、何かしらの職業に就いていて、それなりの収入があれば、まずこの10万円の審査は問題はないといえます。

 

ローンを抱えている場合

住宅ローンやカーローンなどの返済を行っている最中の場合、これが多少審査に影響することがあります。特に住宅ローンの場合は家賃と同様に、キャッシングの申し込みの際にその月の返済額を記入します。

 

賃貸住宅に住んでいて家賃を支払っている場合やこの住宅ローンを抱えている場合、その額は毎月必ず支払わなくてはならないため、収入から返済に回せる額がその分少なくなると判断されます。そのため、同じ収入でも家賃やローンがない持ち家に住んでいる場合より審査が厳しくなると考えてください。

 

また現在抱えているローンの支払いを遅延したようなことがあった場合、それが審査に影響することがあります。キャッシングでは返済の遅延を一番嫌います。一度の遅延だけでそれほど不利になることはありませんが、何度も遅延したような場合や長期間延滞をしたことがあったような場合は悪質だと判断されてしまうことがあるので注意しましょう。

 

10万円までなら消費者金融を利用しましょう

10万円までの借り入れであれば、銀行のカードローンより消費者金融を利用した方がいいでしょう。それはこの金額までであれば、銀行を選ぶ最大の理由である金利の差がほとんど関係ないからです。そして消費者金融の方が審査に掛かる時間が短く、また銀行より審査に通過できる可能性が高いのが理由です。

 

最短30分で審査が終了します

プロミス、アコム、アイフルなどの大手の消費者金融では、最短30分で審査が終了します。銀行では最短でも即日中ということが多く、申し込みをしたその日のうちに借り入れを行えるとは限りません。

 

上記のような消費者金融の場合、営業時間の終了する1時間前までに申し込みを行えば、その日のうちに借り入れが行える可能性が高いです。特に急ぎの場合は消費者金融の方を利用した方がいいでしょう。

 

また消費者金融には平日や休日という概念がありません。銀行は平日にしか営業していませんが、消費者金融は基本的に1年365日、いつでも営業しています。申し込みを行う日が日曜日でも祝日でも、その日のうちに借り入れを行うことが可能です。営業時間も毎日21時までのところがほとんどです。

 

審査に通る可能性が違います

銀行のカードローンの審査を通過できる確率は20〜30%だというデータがあります。それと比べて、消費者金融では40〜45%です。これは審査通過率という業界の公式なデータです。これを見ると、銀行のカードローンは消費者金融の半分程度の通過率ということになります。

 

これは平均データなので、初めての利用の人にそのままこのデータが当てはまるという訳ではありませんが、銀行と消費者金融では基本的にこれだけ審査の通過率が違うということです。まず審査を通過できないことには借り入れは行えません。特に初めて利用する人の場合、利用経験がある人より不利になることが多いので、基本的に審査を通過できる可能性の高い消費者金融の方が向いているといえます。

 

10万円なら金利はほとんど関係ありません

上でも書きましたが、銀行のカードローンは消費者金融と比べて金利が低く設定されています。消費者金融では10万円の借り入れの場合の金利は18%になることがほとんどですが、銀行では14.5%程度のことが多いです。

 

この差は金額にすると、10万円を1ヶ月借りたとして約300円です。この金額であれば、ほとんど気にする必要はないでしょう。この金額の差を気にするより、比較的審査を通過しやすい消費者金融を選んだ方が余計なストレスを感じなくて済むといえます。

 

銀行のカードローン審査は、まず消費者金融より厳しいことが多いです。またそれに掛かる時間も消費者金融より長いことが多く、長時間待たされた挙句に落とされてしまった場合、結構なストレスになることがあります。

 

僅かな金利の差でそのような余計なストレスを感じる必要はないので、10万円までであれば、比較的簡単に借り入れが行える消費者金融で借りてしまった方がいいでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日