消費者金融でお金を借りるメリットは?

お金を借りるさいに気になるのが金利です。出来るだけ安くで借りたいと思うはず。その点、金利が安いのが銀行カードローンです。ただし、銀行カードローンは審査が厳しいのが特徴で、信用度が重要となります。その信用度が低い人の場合、審査を通過することは至難の業と言えるでしょう。

 

この銀行カードローンですが、実際のところどれぐらいの確率で審査に受かるのでしょうか。あるデータでは審査に受かる人はわずか2割そこそことされています。つまり、審査を受けた人の7割以上は審査に受からないということです。かなり狭き門だということはわかるでしょう。もし、借りる額が数万程度の少額なら銀行ではなく消費者金融から借りるのも手です。

 

返済負担!無利息期間サービスのあるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

審査に受かりやすい消費者金融

消費者金融はかなり審査に受かりやすいので、数万程度の少額資金を借りるのであれば、消費者金融がベターです。多くの人の体験談を総合すると消費者金融の中でもモビットやプロミスといった大手の会社がベストです。

 

もし、他の会社から借りている金額が年収全体の3分の1であれば、これ以上借りることはできません。また以前にお金を借りて返済しなかったり、返済が遅れたりした履歴のある人は借りることができないことがあります。

 

アコムからお金を借りる!

ここでは、大手消費者金融であるアコムを例にとって、実際に借りる場合必要な審査を考えてみます。借り入れを申請するとアコムから勤めている会社に本当に在籍しているかどうかを調べるための電話があります。もし、この際、在籍の確認ができなかったとしてもアコムの場合、10万円を限度としてお金を貸してくれます。

 

本当に在籍しているかわからない人でも10万円を貸してくれるわけですから、ありがたいですよね。つまり、10万円までの金額というのは、キャッシングにおいては少額の融資として審査が簡略化されていることがわかります。

 

正社員ではなく、学生とかフリーターでも借りられるの?

収入が不安定なイメージがある学生とかフリーターですが、そうした人でも借り入れは可能なのでしょうか?こうした学生とかフリーターでも数万円程度ならOKのケースが多々見られます。ただ借り入れ額が少なすぎる融資は手間暇のほうが大変なため、借り入れが出来ないことが多いです。

 

気になる消費者金融の利子!

銀行カードローンと比べると消費者金融は金利が高いというイメージがあります。実際に高いのは事実ですが、少額融資の場合、金利はそれほど差が出ません。ですから、少額融資の場合は金利をあまり気にしてなくても大丈夫です。

 

ただ、30万円を超える融資の場合は金利に敏感になったほうが良いでしょう。もし、30万を超えている場合でも「早く借りて、すぐに返す」という方式なら、金利もあまり気にしなくても大丈夫かもしれません。

 

時間的ロスを最小限にする!

借入先をどこにするかは重要な問題です。金利などを比較したりして迷うのも当然かもしれません。しかし、迷う時間が多ければ多いほど、時間的なロスが多くなります。例えば、3時間迷ったら、3時間分の時間的ロスが発生します。もし、この間に時給800円のバイトをすれば2400円が儲かっていたはず。

 

時は金なりと言いますが、時間的ロスは最小限にしたいものです。利子の差を気にするあまり、こうした時間的ロスを気にしない人もいますが、これは本末転倒です。こうした時間を時給で考えてみると利子の差は大して意味がないことが多いものです。

 

融資と時間について

これは融資だけに限らず、いろんな場面で言えることですが、お金が無い人の特徴は時間を無駄に使っていることが多いと言えます。結局、時間がいかに大切なのかを理解していないのです。

 

よくあるのが、探せばきっと良い銀行や金融会社があるはずという思い込みです。こうした思い込みの元、無駄な時間を過ごすというケースは結構多いのです。時は金なりと言う意識は常に持っておくようにしたいものです。

 

消費者金融の無利息期間を活用する!

消費者金融には無利息で借りられる無利息期間があったりします。例えば、初めての借り入れの場合、30日間は利息がつかないというようなものです。こうしたものは積極的に利用するべきです。

 

例えば、大手消費者金融のアコムやプロミスにはこうした制度があります。また新生銀行カードローンやレイクでも同様の制度があります。もし、30日間で返せなくても、大体4カ月目ぐらいまでなら、銀行カードローンを使って借りるよりも安い利子で借りれます。

 

ですから4カ月で返せるのであれば、こうした無料期間のあるところで借りたほうが得でしょう。それに、審査のスピードや受かりやすさでも消費者金融はメリットがあります。ですから小口の融資なら消費者金融の利用がお得だと言えるのです。

 

気になるのは何かデメリットがあるのではないかと言う点ですが、これは心配無用。ただ返済後、あらたにここで借りるとなると利率が高いため損だと言えます。その点を認識しておくことが重要です。こうした無料期間がないなら、たはり銀行カードローンが利率が低いためお得になります。借りるかどうかは本人の責任で判断しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日