自己破産は最終手段。別の手段もあります。

おまとめローンの審査に通らなかったから、もう自己破産しか方法はない、というのはいささか早計な判断でしょう。

 

おまとめローンの審査に落ちてしまうことはよくあることですし、その後の選択肢が自己破産しかない、というわけではありません。もちろん、債務整理を行うという意味ではいい判断でしょうが、何も自己破産だけが債務整理の方法ではありません。

 

まずは任意整理

多重債務者の方や、これ以上の借金の返済ができない、とお思いの方が手始めに行ったほうがいい債務整理の方法に、任意整理というものがあります。

 

こちらは自己破産と比べると自由度が高く、自分自身の希望するような条件で借金を減らしたり、金利をなくしたりすることができるのです。

 

任意整理とは何か

任意整理とは平たく言えば、今後の借金の返済について、借入先と交渉をすることです。自分が望む方法、先ほども述べたように、今後の金利を無くしたり、借金の一部減額など、さまざまな条件を相手に飲んでもらえるかどうかを交渉するのです。もちろん、交渉方法は自分で行うこともできますが、ほとんどの方が弁護士の方などに相談して代わりにやってもらうことになるでしょう。

 

弁護士などに相談するのはお金もかかりますが、素人が行うよりははるかに条件を飲んでもらえる可能性が高くなります。法律関係のプロですし、弁舌も立つプロですから、任せ切ったほうが安心できるでしょう。また、それであっても、全ての条件を飲んでもらえるわけではありません。

 

借金全額免除、などと言ってもそれは確実に通りませんから、どのような希望を出しても、ある程度はお互いの妥協点を見出して、交渉結果を持ってきてくれるので、プロの方に任せてしまった方がいいといえます。

 

個人再生も手段の一つ

また、借金の減額を行いたいのならば、個人再生もいい手段です。個人再生は現在の借金を五分の一まで減らすことができますから、大幅の減額が可能です。当然ですが、借金の返済は行わなくてはなりません。ですが、かなり借金が減ると思うだけでも、返済に対するモチベーションは上がりますから、ぜひとも利用してみてほしい手段です。

 

ただし、個人再生の場合はブラックリストに載ってしまうデメリットもあります。今後借金を利用しない気概があるのなら、こちらを利用するのもいいでしょう。また、自己破産と比べるとブラックリスト入りの期間も短いです。また、借入金をギャンブルなどに使っていた場合でも、個人再生ならば利用可能です。それもまた、個人再生のメリットだといえるでしょう。

 

自己破産をしても後悔する人は少ない

これ以上の借金の返済がままならないのであれば、自己破産を選択しても構いません。任意整理や個人再生が無駄だったら、仕方がありません。もちろん、自分で決定することもできます。弁護士の方に相談してもいいです。その場合はまだ返済できる見込みがあれば、個人再生や任意整理を勧められますが、そうでなかったら必ず自己破産を勧められます。

 

自己破産は最後の手段だと書いていますが、これをしたからと言って、大きなデメリットがある、という場合は実は少ないのです。むしろ、自己破産をすることでこれまでの借金から解放されますし、うれしいメリットの方が大きいために、自己破産を行った後に後悔する人はほとんどいないのが現状です。

 

自己破産のデメリットは何か

自己破産をしてしまうと、ブラックリストに載ってしまい、だいたい10年近くは新たな借り入れをすることができなくなります。これはデメリットでもありますが、むしろ今後借金を絶対にしない、という反省をし、そのために生活を整えるための期間と考えればメリットと捉えることも可能です。

 

自己破産してしまったのならこれ以上の借金ができないのは仕方のないことですから、前向きに捉えるしかありません。ですので、このような考え方は妥当でしょう。また、現在自分が所持している財産のうち、価値のあるものが没収されますので、家を持っていたら家がなくなる場合もあります。

 

これは個人によって違いますので、誰にでもかかわるデメリットではありません。また、同様に個人によってはデメリットとなることに、免責が下りるまでの期間では就けない仕事というものがあります。その仕事は弁護士、司法書士、行政書士、宅建主任などが当たります。これらの仕事に就いている方は職を失ってしまう場合がありますので注意しましょう。

 

ですが、借金がなくなるのならば転職したとしても、これまでの生活と比べるとはるかに楽になるでしょう。自己破産をする上では何よりも借金から解放されるということがキモです。借金は身から出た錆ではありますけれど、苦しみ過ぎているのなら、その苦しみから解放されることは可能です。

 

自己破産はそのための制度ですから、利用してもなんら悪いことではありません。思い切って自己破産をすることも大切ですが、再三言いますが、これ以上の返済は不可能だと判断した際の最終手段として利用するようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日