派遣社員でもキャッシングは利用可能

派遣社員はキャッシングの審査に不利で、なかなか通らない、と思っておられる方も多いでしょう。しかし、実際のところは派遣社員も含めて、アルバイトやパートタイマーの方であっても、キャッシング審査には問題なく通過するのです。不利になる、と言っても、正社員と比較した場合で、というだけですので、派遣社員だから、ということにあまり拘らずに、審査を受けてみることをオススメします。

 

審査申込みに不利になってしまう要因とは

派遣社員であることは、審査に通るか通らないか、ということを問題とした場合には殆ど関係がありません。キャッシングの際に派遣社員であることが不利に働いてしまうことと言うのは、正社員の方のキャッシングと比較した際に、借入金額が少額になってしまうということだけなのです。

 

ですので、即日融資を行いたい場合ならば、少額融資を行うのが常ですし、それぐらいの金額ならば問題なく審査に通過することでしょう。もしも、審査に通過しないのであれば、その他のことが影響していると言えるでしょう。

 

借入状況などの与信状況が悪い場合

まず、収入面に関して言えば、派遣社員の方は問題はないでしょう。だいたいの方が年収200万円は超えていることでしょうし、フリーターやパートタイマーと比べれば明らかに安定しています。そのために、収入が原因で審査に落とされるということは、少額融資の場合ならばまず考えられません。

 

ですので、それ以外の審査に落ちてしまう要素として考えられるのが、与信状況が悪い事です。与信状況は現在の借入状況が大きく影響します。もしも、今いくつもの借入先から借金をしている、と言う方であれば、それが原因で審査に落とされているということで間違いないでしょう。

 

総量規制を既に超えている

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入は不可能ということを定めた貸金業法です。ですので、適応されるのは消費者金融から融資を受ける場合になのですが、もしも、すでにそれ以上の借入を行っており、新たに申し込みをしてしまっているのならば、例えどれだけ素晴らしい信用情報や与信状況を持っていた場合であっても、消費者金融は貸付を行うことができませんので注意しましょう。

 

過去の返済履歴がかなり響いている

もちろん、キャッシング審査の際には現在の借入状況などばかりではなく、利用者のこれまでのキャッシング履歴についても調査されます。もしも、この中に審査に不利な情報があれば、それらが原因で審査に落とされてしまっているとも考えられるのです。

 

ですが、その中の何が影響しているのか、ということは利用者自身は知ることができません。ただ、そのこれまでの返済履歴には、どのようなことが書かれているか、ということは分かります。例えば、これまでのクレジットカードの利用履歴です。そこにもしも、返済の延滞や遅延が記載されていれば、それはもちろん、審査に不利になる条件となります。当然ですが、キャッシングについても同じことが言えます。

 

また、これも当然のことですが、債務整理などの履歴もきちんと記されていますし、自己破産や個人再生などを行えば、ブラックリスト入りしてしまいますので、返済履歴云々の問題ではなく、キャッシングを利用できない期間がある、ということになります。また、その履歴もきちんと記載されていますので、キャッシングができない期間を抜けたからと言って、必ずキャッシングが利用できるということではありませんので、注意しましょう。

 

派遣社員が審査に通りやすくするためにはどうしればいいか

これは、その他の正社員やフリーターの方などでも同じことですが、与信状況や返済履歴が悪いのであれば、審査に有利になる情報を自分自身で作り上げることです。

 

クレジットカードなどを積極的に利用して、返済を確実に行えるようにしていれば、それだけでも審査に通過できる可能性はかなり上がります。

 

派遣社員の方の場合

派遣社員の方だけのケースとして考えられる方法は、勤続年数をあげることです。実はこれはフリーターの方にも適応される方法でもあるのですが、ともかく、審査に有利になるためには、一つの職場に長く務めることが大切なのです。

 

その理由は、キャッシング審査では、利用者の収入の安定を勤続年数から導いているからです。一つの職場で長く務めていると、シフトリーダーになったり、いろいろと重要な仕事を任されたりと、経営側からも必要な人物だとみなされるようになります。そうすると、何かの理由を付けてクビになってしまうと言う可能性も少なくなりますから、職を失う、つまりは返済のための収入がなくなることは少ないと判断されるのです。

 

ですので、収入が無くならない=安定している、ということが成り立ち、そのために金融機関は安定性を勤続年数から求めており、派遣社員の方が審査に通りやすくなるために、勤続年数を伸ばすということは非常に効果的だといえるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日