審査ではあくまでも属性しか見ません。

キャッシング申し込みは、一定の収入がある20歳〜69歳までの方であればだれでも申し込みができます。審査ではあくまでも、職業や年収、雇用形態といった属性が審査基準となっています。しかし、女性だと雇用形態などの面でどうしても男性よりも低く見られがちです。

 

専業主婦におすすめのカードローン!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGページヘ

 

女性専用のキャッシング

女性への対応が手厚いイメージがある女性専用のキャッシングサービスは、実際のところどのようなメリットがあるのか知らない方が多いのではないでしょうか。女性専用のキャッシングは、女性オペレーターが対応してくれるから話しやすいとか、誰にも会わずにキャッシング申し込みができるとか、限度額が設定されているなどの対応をしているだけで、その他の面については通常のキャッシングと同じ内容です。

 

どちらかというと、女性がキャッシングに対して警戒心が強く、申込者が男性よりも圧倒的に少ないことからキャッシング会社側で、女性が気軽に申し込める雰囲気作りをしているだけという風にも考えられます。また、限度額を設けることで安心感を持たせたり、月々の返済額が多くならないようにするなどの工夫がされています。しかし、返済額が少ないということは、トータルでの返済額が大きくなると考えられますので、本当の意味ではお得ではなく、キャッシング会社が得をしているだけとうことになります。

 

主婦の場合は?

専業主婦でパートの収入もないといった場合は、キャッシング会社での借り入れはできません。しかし、銀行であれば主婦でも借り入れができます。

 

銀行での配偶者貸し付け

配偶者の同意を得ることで借り入れができる配偶者貸し付けでは、申し込み者の本人確認書類、配偶者の同意書、住民票、収入証明書を用意する必要があります。配偶者貸し付けといっても、夫婦の年収の合計の3分の1までの金額を借り入れすることができるという条件となっています。

 

しかし、銀行では総量規制が適用されていませんので年収で限度額が決定するわけではありません。いずれにしても、専業主婦といった立場を利用すると審査が厳しくなってきます。それに、配偶者の同意を得て借り入れをするというのは、現実的ではありませんよね。

 

しかし、最近では専業主婦が配偶者の同意なしで簡単に借り入れができる銀行が増えてきました。本人確認の電話はありますが、配偶者への在籍確認の電話や配偶者の収入証明提出は不要となっています。限度額は、50万円〜30万円となっていて口座開設が条件というところが多いですが、仕事を持っている人よりも簡単に借り入れができるようになっています。

 

自営業・自由業の場合

男性だと飲食店の経営や投資家など、起業されている方は女性よりも多いですよね。

 

収入証明書が重要

自営業が自由業などの方は、どうしても収入が不安定という風に見られがちです。そのため、キャッシング会社では確定申告書などの提出が必須となります。銀行での申し込み手続きとなると、限度額300万円まで収入証明書不要となっていますが、よく読むと小さな文字で個人事業主の方は収入証明書の提出が必要ですと書かれています。

 

そのため、個人事業主の方は一般の方よりも用意する書類が多くなります。個人事業主でなくても、希望借り入れ額が50万円を超える場合は、一般の方でも源泉徴収票や給与明細などの提出が必要となります。

 

女性だと審査に影響する?

女性だからといって不利になるということはありません。審査は誰かと比較するものではなく、個人の属性を審査するのが目的なので、女性だから限度額が低くなるといったような差を付けることはありません。

 

あえて女性だということで審査に影響があるとしたら?

女性の場合は、未婚者で年齢が若い方だと「結婚したら仕事を辞めるのではないか」「実家に住んでいるからすぐ仕事を辞めるかも」「配偶者の転勤で仕事を辞めるかも」などといった風にみられてしまう可能性があります。最近では、出産してもすぐに現場に復帰する方もたくさんいらっしゃいますので、女性だからという目で見るのは間違っているという風潮にはなっていますが、男性よりは属性が低くなってしまうのは否めません。

 

やっぱり申し込む時は大手がいい

男女雇用機会均等法が発足している現代では、女性だからと審査で不利になるということは考えられません。知名度の低いキャッシング会社であれば、独自審査を設けているので、審査に何らかの影響があるかもしれませんが、名前の知られている大手キャッシング会社やメガバンクであれば、そのような心配はありません。それに、大手であれば初回申し込みの無利息期間の特典などがありますので、お得にキャッシングすることができます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日