専業主婦がキャッシングをするならどこがいい?

お金を借りるなら少しでも低金利でと考えるのは誰でも同じです。キャッシングの場合は銀行か消費者金融かという事になると思いますが、金利で比べるとやはり銀行の方が消費者金融よりも安い設定になっています。

 

金利には最少金利と最大金利の幅があります。消費者金融の金利はどこと比べても大きな差はありませんが、銀行の場合最少金利の差はかなり大きく、安いところだと1%代という超低金利の銀行カードローンもあります。

 

でも実際にその最少金利が適用されるには、相当高額の借金をしなければなりません。キャッシングの場合ほとんどの人が当座の資金のために限度額の範囲内から少しずつ借り入れをするという利用方法が多いので、いきなりまとめて数百万の限度額を持つという事はあまりないと言えます。ですから、キャッシングを利用する人のほとんどは、最大金利からのスタートになると考えておいた方が良いでしょう。

 

専業主婦におすすめのカードローン!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGページヘ

 

銀行と消費者金融の金利

消費者金融のほとんどは、最大金利が18%前後となっています。低くてもプロミスの17.8%となっていて、後は18%というのがほとんどです。一方銀行のカードローンは色々ですが、4%前後から14%前後というのが多いようです。

 

中にはオリックス銀行やじぶん銀行のように17%超と消費者金融とほぼ同じようにっ金利になっているところもあるので一概に銀行が安いとも言い切れませんが、おおむね銀行の方がやはり低金利です。最大金利が高い銀行は最少金利が安いという場合があります、低金利で融資を受けるにはそれなりに高額の融資になりますので、利用者のニーズによってどちらがいいかは違ってきます。

 

専業主婦のキャッシングは銀行のみ

銀行カードローンでは収入がない専業主婦でも借り入れができるようになっています。消費者金融には法律で総量規制という決まりがあって、融資を受ける人は必ず自分の所得がなければなりませんが、銀行ではそのような規制の対象外になるので、必ずしも本人に収入がなくても融資を受ける事ができるのです。

 

専業主婦の場合は配偶者の所得で生活をしていますので、配偶者との婚姻関係を証明する事ができれば銀行カードローンの審査を受ける事ができます。その場合どのように審査をするのか気になるところですが、収入源の配偶者についての調査を行うという事は特になく、同意書も収入証明証もなしでいい銀行がほとんどです。

 

もちろん契約者になる専業主婦本人についての審査はしっかりとおこないますし、銀行の審査は消費者金融のそれよりもより厳しいと言われています。個人信用情報についてももちろん調べますので、過去に自分名義の借金で支払いの延滞があって金融事故などを起こしている状態であればもちろん審査に通過する事はできません。

 

キャッシングの審査と言えば勤務先への在籍確認がつきものですが、専業主婦には勤務先がありませんので在籍確認はありません。本人確認の電話は他の人と同じくありますが、配偶者の在籍確認等もないので、審査の内容自体は本人に収入がある人よりも楽かもしれません。

 

ですから、配偶者に内緒でキャッシングをする事ができてしまうという事になるのですが、限度額に関しては一定の限界があります。ほとんどの銀行は専業主婦の限度額を30万円としていて、一部銀行で50万円となっているところもありますが、多くてもそのぐらいまでと考えていいでしょう。

 

この限度額は配偶者にいくら多額の収入があったとしても変わりません。以上のような条件で借りられる銀行として、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、楽天銀行、みずほ銀行、東京スター銀行など多くの銀行で配偶者の同意なしの融資を積極的に行っています。

 

中でも楽天銀行では住民票も不要で借りる事ができて、用意する書類が少なく済むうえオンラインで全ての手続きができるので人気があります。神奈川県、東京都在住の方であれば横浜銀行のカードローンもかなり積極的に融資を推進しているのでお近くの方はホームページ等をチェックしてみる事をおすすめします。

 

普段利用している銀行のカードローンも

口座を所有していて普段利用している銀行のカードローンだと、審査により通りやすくなる傾向があります。もしどこの銀行にしようか迷ってしまったら、いつもの銀行相談してみるのもいいかもしれません。

 

キャッシングは使い過ぎに注意

配偶者はキャッシングの事を知らずにいるわけですが、その利用方法が悪ければいつかはわかってしまうという可能性もあります。限度額の範囲内であれば自由にお金を借りる事ができるので、ついつい自分の預金のように使い過ぎてしまうという危険もキャッシングにはあります。

 

特に専業主婦は限度額が少ないとはいっても30万円程度の限度額はつきますので、使おうと思えばすぐに使ってしまいかねない金額です。毎回きちんと返済していれば特に問題はないとはいっても、使い続けていればいつまでも返済は残ってしまいます。

 

万が一返済にも困るようになってしまうところまで状況が悪化してから全てが配偶者に知れてしまったという時のダメージは決して小さくありません。家庭の平和のためにも専業主婦のキャッシングはその後の事をよく考えて利用するようにしたいものですね。

専業主婦でも小口融資を利用したいのならば

生活費が足りなくなってしまった、という場合は、公共料金などの支払いを行わないよりかは、キャッシングなどを利用してお金を作り、きちんと支払いを行うことをオススメします。

 

専業主婦の方であっても、銀行カードローンでならば、お金を借りることが可能ですので、たった数万円程度の借入ならば、そこまで難しい事ではありません。

 

キャッシングを簡単にするための注意点

専業主婦のキャッシング利用は、どこの銀行でも利用することが可能です。希望する借入金額が少額であれば、キャッシング審査もそこまで難しくはありません。ですので、借入する際には少額融資を希望するといいでしょう。

 

もしも収入があるのならば

また、パートなどで働いており、収入があるのならば、消費者金融などを利用することをオススメします。中でも、レイクならば無利息期間が180日間あります。5万円までということが決められていますが、少額融資を行うのであれば、レイクを利用すれば、金利はかなり少額で済みますので、非常にオススメです。

 

借入する銀行を選ぶとキャッシング審査はかなり簡単になる

また、借入先の銀行はどこの銀行であっても構いませんが、借入する銀行をどこにするかでも、キャッシング審査の難易度はぐっと簡単になります。専業主婦の方がキャッシングを利用する際に、最も注意すべきことは配偶者の同意書の存在です。

 

配偶者の同意書は夫の同意書ですので、内緒でキャッシングを利用するつもりの方にとってはかなりの難関です。これを入手するのは非常に困難ですが、銀行カードローンの中には、この配偶者の同意書を必要とせずに審査を行ってもらえる銀行カードローンがあります。

 

その銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行バンクイック、三井住友銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、イオン銀行カードローン、横浜銀行カードローン、ソニー銀行カードローンMONEYKitなどです。これらに申し込みをすれば、審査の際に配偶者の同意書は必要になりませんので、もしも、夫にバレずにキャッシングを利用したいという方であれば、これらの銀行に申し込みをすると良いでしょう。

 

もしも、高額融資を受けたいのであれば

また、専業主婦の融資限度額はほぼ全ての銀行で一律30万円と決められています。ですので、30万円以上の借入をするのは、大体の銀行では不可能ということになります。しかし、銀行カードローンの中でも、イオン銀行と楽天銀行スーパーローンは融資限度額が50万円までとなっていますので、その他の銀行と比べるとかなりの高額の融資を受けられることになります。

 

ですが、必ず50万円の融資を受けられるという訳ではなく、それ以下の融資限度額になる場合も多いので、あくまでも、50万円が限度額となっている、ということに過ぎない、という認識でいた方がいいでしょう。それでも、何度も利用することによって融資限度額が上がって行くので、利用していくとどんどん得をするという点は、別の銀行カードローンには無い部分です。

 

最も審査に通過しやすいのはどの銀行カードローンか

銀行カードローンの審査は専業主婦のキャッシングであったとしても非常に厳しいものです。それに、キャッシング審査自体は大体どこの銀行であっても調査する基準は同じですから、どこの銀行カードローンを選んだからと言って、審査の内容自体が簡単になる、ということはありません。

 

ですが、配偶者の同意書と同様に、審査を行う際の書類が無くなれば、それだけ調査をする項目が無くなりますし、その書類を用意する手間が省けますので、その分だけ審査を簡単に行うことができると考えれば、より審査を簡単にする法穂があります。

 

専業主婦のキャッシングの際には、配偶者の同意書と共に、住民票まで必要となります。しかし、配偶者の同意書が不要な銀行カードローンを利用すれば、その分だけの審査が簡単になりますし、同様に住民票が不要になる銀行カードローンもあるので、その分だけの審査を簡単にすることが可能です。

 

その銀行カードローンは横浜銀行と楽天銀行スーパーローンです。これらは同時に配偶者の同意書も不必要となりますので、専業主婦の方がキャッシングを行う際に最も審査が簡単になる銀行だと言えるでしょう。

 

また、審査に通るかどうかは利用者自身のこれまでの信用情報なども影響しますし、横浜銀行や楽天銀行スーパーローンを利用すれば、それらの審査条件を無視することができるという訳ではありません。ですので、審査に通らないというのであれば、別の手段でお金を借り入れるか、潔く諦めるか、というどちらかを選択することになるでしょう。

 

基本は審査に通ると思いますので、そこまで心配するようなことはありませんが、ごく一部の方は審査に通らないこともありますので、注意しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日